前に戻る
”2017年を迎えて”

昨年はキエフは創業45周年に当り、9月に記念の祝賀パーテイを開催 させていただきました。

今年は50周年に向けての初年度に当ります。従業員一同皆様のご支援と

ご愛顧にお応えするようにますます精進につとめる所存です。

お客様から、どうしてこの店は「キエフ」という名前なのですかとよく聞かれます。

創業者の私の亡父加藤幸四郎は、旧満洲(今の中国東北部)のハルビンで

青春時代を過ごして、ロシア語を学び、ロシア文化に親しみました。

当時のハルビンには沢山のロシア人やウクライナ人が住んでいたからです。

これが縁で、1957年に、東京で「スンガリー」というロシア料理店を始めました。

スンガリー(松花江)はハルビンを流れる河の名前です。

父が郷里の京都に店を創業した1972年に、

京都市とウクライナのキエフ市が姉妹都市となりました。

この二つの都市は共に、元々首都が置かれたことがあり、

古い歴史にはぐくまれた、緑豊かな町だからです。

京都市の薦めもあって「キエフ」と名づけたのです。

こうして、ささやかではありますが、 この京都の地で歴史を刻むことが出来ましたのも

ひとえにお客様のご愛顧とご支援の賜物であり心から感謝申し上げます。

目標を持って、従業員一同、精進して行きたいと思います。

1)ロシア料理は西欧料理の伝統に、広大なユーラシア大陸に住む民衆の生活の香りや

味覚を取り入れた、豊かで、温かい家庭料理です。

「キエフ」では美味しく、食べ易く、ヘルシーな料理をお客様に 親しんでいただける店を目指します。

2)清潔で気持ちの良いサービスを心がけ、

お客様が「来て良かった」と感じていただける店を目指します。

3)外に向かって窓を開き、スラブ文化圏をはじめとして、

様々な文化情報が発信出来る店を目指します。

ロシア料理に馴染みの少ない方が多いことでしょう。

それでもボルシチやピロシキはご存知と思います。

他にも多彩なメニューを用意しています。季節ごとの京野菜も取り入れています。

きっと好きになっていただけると思います。

スラブ文化圏ではグルジアやウクライナのワインは世界でもよく知られています。

グルジアはワイン発祥の地だと言われています。

ワインに加えて、ウオツカやロシアビールもお楽しみ下さい。

夏には(5月下旬から9月半ば)屋上でビアガーデンは開きます。

京都の山や川を眺めながら、ジョッキを傾ける味はまた格別です

場所は四条京阪から直ぐの所にあります。

鴨東ビルの6階です、四条大橋からもよく見えます。ご来店を 心よりお待しています。

代表取締役 社長 加藤幹雄拝

 

 
  Copyright © 2000 kiev All Rights Reserved